イケメンじゃなくてもセフレは作れる

SHARE

イケメンじゃなくてもセフレは作れる

イケメンじゃないからセフレなんて自分には関係ない。

はっきり申し上げまして、それは単なる思い込みに過ぎません。

世の中には、イケメンでもなければ金持ちでもないけれどセフレを切らさぬ男が存在します。

彼らのことを観察し、セフレを作るヒントをもらいましょう。

聞き上手

セフレがいる男性の多くは聞き上手です。

男にとっては興味がない話でも適当にあしらうようなことはしません。

女性たちの話をじっくり聞き、時には適切なリアクションを返すことで相手を喜ばせます。

身の上相談をしているうちに親密な関係になってしまうのはよくあるパターンです。

相談する場合はサシでお酒を飲みに行くことが多く、自然に女性を持ち帰りしやすい環境を作ることができます。

セフレをゲットしたい男性は、まず女性の話を聞く力を伸ばすところから始めていきましょう。

辛抱強い

女性がセフレを求める状況とは何でしょう。

それは、現状に対する何らかの不満だと言えます。

夫や彼氏がいるにもかかわらずセフレを求める女性は、彼らとの性生活に対して何らかの不満を抱いています。

また、仕事上のストレスをセックスで解消したいというキャリアウーマンは、仕事上で不満を抱えているからこそセフレを求めるのです。

不満を抱えた女性を受け止める度量が男には求められているのです。

そこで、男の辛抱強さが問われます。

不満を抱えている女性はわがままや愚痴を言いがちです。

そうした女性たちの負の部分に向き合えなければ、セフレ関係を長期に渡って維持していくことは困難です。

すぐに体を許してくれないガードの堅い女性も多く、その点でも辛抱強く相手に接することが求められます。

サービス精神旺盛

セフレとして女性から好かれる男性の多くは、サービス精神が旺盛です。

先ほども述べたように、女性たちは不満を抱えています。

そうした不満を解消してあげるには、女性の気持ちを読んだサービスが必要になります。

夫や彼氏とは出来ないような、刺激的で珍しいプレイをしてあげる男性。

彼のしていることは、性生活への不満を抱えている女性に対し、サービス精神を発揮して彼女を喜ばせてあげるという一例です。

セフレを作りたいなら自分優先を改めねばなりません。

女性ファーストのサービス精神があれば、イケメンでない男性にも十分チャンスがありますよ。

顔で諦める必要はない

恋愛が顔の良さだけで決まらないように、セフレができるかできないかも顔だけでは決まりません。

女性たちが求めるこれらの要素を意識することで、セフレをゲットすることは難しいことではありませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です